治療の流れをご説明しています。大阪・神戸オールオンフォー情報センターにご相談ください。

無料メール相談
  • All-on-4とは
  • All-on-4の仕組み
  • メリット
  • All-on-4に適した患者様
  • よくあるご質問
  • 治療の流れ
  • 料金表
  • 監修委員情報

HOME > オールオンフォー治療の流れ

オールオンフォー(All-on-4)による治療の流れ

多くのメリットがあるオールオンフォー(All-on-4)治療の流れ

*STEP1*
初診ご相談
担当の医師があなたのカウンセリングを行います。
治療についての患者様のご要望をお伺いし、治療方法やその期間、費用などをご説明します。
少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
*STEP2*
精密検査
口腔内写真、各種レントゲン写真の撮影を行い、口腔内の検査などを行います。
*STEP3*
診断
検査結果をふまえて治療計画をご説明致します。
治療期間や通院回数など詳細を決定し、具体的な費用についてもご説明します。
全てにご納得いただけましたら、治療を開始します。
当センターではインフォームド・コンセントを重視しており、患者様の信頼を得ることが最も大事と考えております。
*STEP4*
型取り
手術当日に入れる義歯を作る為の型取りをします。
義歯製作のため必要があればこのSTEPは2回かかることもございます。
*STEP5*
手術
オールオンフォー(All-on-4)のオペをします。
麻酔専門医による静脈鎮静法も行います。
オールオンフォー(All-on-4)インプラント植立後、義歯を入れます。
*STEP6*
噛み合わせの調整
手術の次の日に、お越しいただき、噛み合わせの調整と消毒をします。
*STEP7*
抜歯
手術から10日位で抜糸をします。
*STEP8*
義歯の調整
必要に応じて、義歯の調整をします。
*STEP9*
型取り
手術の日から6ヶ月後に最終的な型取りをします。
*STEP10*
義歯の装着
最終的な型取りから3〜4週間後に最終的な本番の義歯が入ります。
*STEP11*
メンテナンス
3〜6ヶ月に1度のメンテナンスに入ります。

オールオンフォー(All-on-4)手術手順

・顎の中央に2mmのツイストドリルを使用し、深さ10mmまで形成する。
・中央の穴に、All-on-4(オールオンフォー)ガイドを装着する。
・このガイドにより、インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり同時に舌を守る役目をする。
・2mmのツイストドリルを使用し、適切な深さを形成していく。傾斜角度は最大45度。
・方向指示棒で、正しい角度であるか確認する。
・骨の密度に応じて部位を拡大し、インプラントを埋入する。
・角度付アバットメントを装着する。
・反対側の臼歯部も、同様に施術する。
・前歯部2箇所を形成し、All-on-4(オールオンフォー)インプラントを埋入する。
・アバットメントを装着する。
・縫合後、歯の型取りをする。
・出来上がった補綴物を、スクリューで固定する。
・その後、すぐに物を食べることができる。

オールオンフォー(All-on-4)の診療相談はこちらから!