手術に適した患者様のこのような方です。大阪・神戸オールオンフォー情報センターにご相談ください。

無料メール相談
  • All-on-4とは
  • All-on-4の仕組み
  • メリット
  • All-on-4に適した患者様
  • よくあるご質問
  • 治療の流れ
  • 料金表
  • 監修委員情報

HOME > オールオンフォーに適した患者様

オールオンフォー(All-on-4)に適した患者様

最新の治療-オールオンフォー(All-on-4)はこんな患者様に多くのメリットがございます。

上下4本ずつ埋め込まれたインプラントですべての人工歯を支えることができる最新技術、オールオンフォー(All-on-4)
このオールオンフォー(All-on-4)の技術は特定の状態の患者様に特に大きな効果を発揮します。

総入れ歯の
患者様

従来は歯全体を治療する場合、人工歯を固定させるために多数のインプラントを埋め込む必要がありました。

場合によっては10本を超える本数を埋め込まなければならないケースもあり、手術の回数や費用面など患者様の大きな負担となっていました。

しかし、オールオンフォー(All-on-4)であれば、たった4本で済み、また治療期間も短期間で済ませることができる上、治療費用も大幅に節約することができます。

骨量が少ない
患者様

インプラントの問題点の1つは、顎骨の量が少ない場合は埋め込むインプラントを固定させることができない、ということです。

顎骨の量が少ない場合、インプラントを埋め込む前に骨の幅や高さがない時に欠損した骨組織を再生させるGBRという治療法や上顎洞の底部分を押し上げるサイナスリフトという治療法などが必要でした。

オールオンフォー(All-on-4)は上顎洞同士の間など、骨量が多い場所に埋め込むため、骨移植などの必要もなく治療を行うことができます。

残っている歯が少ない上にグラグラと不安定な状態になっている場合には、
その歯を抜歯した上で、オールオンフォー(All-on-4)を行うという方法もあります。

不安定な歯の状態で思うように噛むことができないような場合には、安定性に優れたオールオンフォー(All-on-4)でしっかりとしたかみ合わせを手に入れる方がより健康的な生活を送れるという面もあります。

このように、従来のインプラント治療では、骨の移植をしなければならなかったり、サイナスリフトが必要だったりして、治療が困難であったり、治療回数が多くなったり、治療期間が長くなるなどの身体的・精神的負担が大きくなってしまう状態の方にオールオンフォー(All-on-4)は特に適しています。

総入れ歯からオールオンフォーに変えることで、実生活での大きなメリットだけでなく、精神面でのメリットもとても大きなものになります。

オールオンフォーに関する疑問はこちらで解決!##オールオンフォー(All-on-4)の診療相談はこちらから!